今、ニット業界で活躍する若手のために、「センイ・ジヤアナル」のもつコンテンツを再録し、温故知新、ビジネスに生かしてもらうアーカイブスです。

占領下初期のメリヤス産業

 □□■ 戦後70年  2015年日本のメリヤス産業は約150年(*Web版注記:2015.7 ニット・ファイル通信 編集部記)を迎えるが、特に戦後の発展はめざましいものがあったが、今日のわが国の業界は過去のように年々拡大発展と違った方向に進んでいて、内外の環境はまことに厳しいものがあり、ここは一度、国際競争力を学び、日本独特の気配りや伝統や日本の古いしきたりや方法などを学び、例えば「お・も・い・や・り」そして伝統的・・・

続きを読む

随筆:メリヤスの予想 (めりやす読本1958)

【はじめにニット・ファイル通信編集部から】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ メリヤスの「夢物語」 センイ・ジヤァナル発行の「めりやす読本」(昭和33年(1958)5月発行)を読んでいると面白い記事が掲載されていた。〝随筆〟「メリヤスの予想」である。 筆者が覚えている時代は、小学校低学年の時は靴下に穴が開くと母が繕いをしてくれそれを当時は恥ずかしさもなく素直に履いて行った記憶がある。子供物で言うセーターの襟は丸・・・

続きを読む

卸商の新しい方向(卸商社名鑑 1974)

《はじめに ニット・ファイル通信 ライターから・・》 今日のサマ変わりした卸商社の企業業態を、本稿が、卸商社名鑑〝ニット篇〟(1974)に発表された昭和49年(1974年)当時、誰が想像出来たであろうか・・・。 大型スーパーや百貨店は合併事例が相次ぎ、卸商はメーカー業もこなす方向にあり、製造メーカーの売り先はダイレクトなルートが増加しているなど、かつての川上、川中、川下と云った業態区分が自然発生的に取り払われ、役割分・・・

続きを読む