栃木県のニット、メリヤス産地 ’50s

「メリヤス業界展望」、メリヤスの手帳1960年版(センイ・ジヤァナル社発行)より。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

織物産地からトリコット王国栃木へ

栃木県は古くからの織物産地で、全国屈指の繊維県であるが、メリヤスが県内に大きな勢力を占め、また全国的にもその名を知られるようになったのは戦後のことである。特に足利のトリコットが急速な発展を遂げたことによって、栃木県のメリヤスがクローズアップされるようになったといっても過言ではあるまい。

県の商工労働部指導課の調査によると、昭和三十四年の県下繊維製品産地別生産高は二次製品ではデカ数と金額とも昨年の約倍、生地販売でも同じことが言える。足利・佐野地区のトリコットが内需・輸出織物の統計とほぼ同じであり、繊維全般の約三分の一を占めていることは、トリコットの地位の高さを単的に物語っている。トリコットに次ぐセーター類、「横メリヤ」も栃木県としては戦後の繊維産業であり、昭和三十年に足利の織物業者の転換という形ではじまったにも拘らず、僅かの期間に長足の発展をみせるにいたっている。

このほか、丸編靴下、編手袋、丸編肌衣などが県下で生産されているが、丸編靴下は主として内外工業(内外編物の子会)とその下請工場で作られており、丸編肌衣は堀田産業(足利)のナイロン物が大半を占めている

〓 経 編 〓 

唯一の一貢産地

トリコットの足利は最近のランジェリー・ブームで俄然、時代の脚光を浴びるようになったが昭和二十二年に発足した同業界の歩みは決して坦々たるものではなかった。

二十三、四年頃に人絹トリコットが騒がれ、これが生産過剰、品質低下などによって飽かれた後は、縫靴下、子供既製服、ポロシャツ、スリップと多角的な生産に移っていったが、いずれも数量的、金額的には大きな増加は望めず、長期間にわたって苦難の道を辿らなければならなかった。

ランジェリーに力を入れる

こうした沈滞期に明るい曙光がさしはじめたのは、昭和三十年頃からである。服装文化の進歩にともなって消費者の眼が下着(ランジェリー)に向けられるようになると欧米諸国の場合と同様に、トリコット製品が急速に歓迎され出したからである。三十年以降の足利トリコット業界は毎年、前年比約五〇%増という順風満帆の発展を辿ってきた。

しかしこの順調な発展は、外的な諸条件の好転だけが原因ではなく、足利トリコット工業協同組合(理事長吉田光二郎氏)を中核とした業者の固い団結、および県・市当局の積極的な援助があったという点も見落してはならない。

協同組合の三十五年度予算が約一億五千万円。恐らく一地区の単位組合の予算としては全国最高であろうが、これによって各種の調査、宣伝、展示会、研究会、卸商、小売店などによる工場見学が行なわれ、各組合員の事業推進に大きな貢献をしているのである。

また組合はこのほか約三億円の予算を組んでいる共同施設整理工場をもっており小寅整染工所とともに染色、整理、生地の品質向上、あるいは新しい生地の完成に縁の下の力持ちとして地道な活動を続けている。

組合の積極的な活動

こうした組合の積極的な活動は組合員の団結を有力に物語っているが、輸出の共同受注、月例懇談会における各組合員の事業内容までさらけ出した話合い、現在進行中のトリコット・タウンの建設などの中にも如実に示されている。

(文末*地図注参照)

この団結があればこそ、二十八、九年当時にランジェリーに力を入れようという組合指導者の考えが円滑に進められたり県・市当局の金融面での援助、企業診断の実施などが順当な効果をあげたりしたのだといえよう。

生産の動向をみると、昭和三十四年の協同組合の生産実態は次の通りである。

① 下着類を中心に生産量は飛躍的な伸張を示し、総合生産高は昨年比五八%増となっている。うちわけは二次製品が五%、生地売が四四%の割で、二次製品に力が入ってきていることがわかる。

② 生地販売数量の生地生産数量に対する比率は、三十三年の五八・九%から三十四年には六三・三%に増えているが、製品化される生地の量はかなり高い。

このことが編立工賃、生地価格の値下がりという全国的な傾向に対して、足利地区が強力な抵抗性をもつ原因になっているなお生地売りの増加はレーヨン生地の生産増加に見合うものである。

③ 生地の品種別生産高は、三十三年に比べてスフを除きいずれも増加をみせている。特にレーヨン、ベンベルグ、アセテートの増加は顕著であり、レーヨンは遂にベンベルグを凌駕するにいたった。

④ ナイロンの原糸投入量が若干減少しているにも拘らず、生地量が伸びているのは十五デニール・ハーフの増加によるものである。

⑤ 綿生地は三十三年より増加しているが、月別生産によれば七月以降は三十三年の方が多い。

⑥ アクリル系繊維およびテトロンの生地生産がはじまってきた。

⑦ 二次製品においては、下着に主力が移って九三%を占めるにいたり、外衣靴下、雑品類は大幅な減退を示した。

⑧ 下着ではキャミソール、フレアパンティがやや減少しているほか、いずれもかなりの増加を示しているが比較的にはスリップが後退して、その他の製品が伸びてきている。

下着に色物が進出し、特にネグリジェでは柄物、プリント物が増加 

このほか、表には現れていないが、下着に色物が進出し、特にネグリジェでは柄物、プリント物が増加していること、スリップではスタンダード物、上下レース物、デザイン物とその傾向がはっきり分れて、デザイン物が大半を占めていること、またラマンエル・レース使いが増えていることも、三十三年から三十四年にかけての大きな特徴といえる。

しかし三十五年に入ってからの傾向をみると、三月以降の不況傾向にともなってレーヨン生地の生産が手控えられ、再びベンベルグが生産量のトップに立ってきたこと、前年後半におけるポロシャツ用綿生地の生産減が崇って、一部では品薄傾向が現れ、三月以降にもかなりの生産が集中してきたこと、の二点において前年までの推移に大きな変化が発見できる。

編立機の設備近代化は第一段階を三十三年で終り、縫製面の合理化の時期 

次に設備機械台数を見ると、三十五年六月末現在で組合員四十五社の設置は「トリコット」高速機=百十九台、旧性能=百四十五台、「ラツシェル」高速機=十五台旧性能=四十台、「ミラニーズ」七台、計三百二十六台となって、三十四年一月の計二百六十五台に比べると六十一台の増加である。

このうち高速機は三十四年一月にトリコット五八台、ラツシェル五台であったから、七十一台の増加となり、旧性能機が十台処分されたことがわかる。なお、現有高速トリコット機のうち輸入機は八十二台、津上機は三十七台、またラツシェルの高速機はすべて輸入機である。しかし足利地区における増設は他地区の突発的、ブーム的な増設とは異って企業合理化の線に沿った計画的な増設であるという特色がある。

同地区としては編立機の設備近代化は第一段階を三十三年で終り、縫製面の合理化の時期に入ったとされている。

したがって輸入機も三十四年の割当では極めて少なく、代ってミシンの設置に力を入れている。ミシンは外注を含めれば約三千台が稼動しているものと思われる。なお、組合員のほかアウトサイダーもかなりの数に上っており、約八十工場、二百数十台が存在するものとみられる。

採算は一時の好況時代と比べるとかなり低下しているが、編立、縫製工賃ともに他地区より依然有利な条件にあるといわれており、無茶な書いたたきには会っていないようだ。

しかし他地区なみの低コストを合理化によって生み出すべく、それぞれ非常な努力を払っている。

販売形態には幾つかの面があるが、大きく分けると、

① 化繊メーカー・生地商のチョップ生地編立=糸を提供されて工賃の支払いを受ける。

② 生地買い=自己の採算で糸を入手し編立てて糸商または二次製品メーカーに販売する。

③ 製品販売=生地を自ら編立て、あるいは生地商、編立メーカーから購入して製品を製造し、卸商に販売する。卸商は主として東京、大阪、名古屋のメリヤス卸商である。

④ 生地下請=編立メーカーの下請として生地を編立てる。工賃支給。

⑤ 製品下請=二次製品メーカーの下請として製品の縫製を担当する。

工賃支給の五つに分れ、組合員は主に①②③、アウトサイダーは④⑤の場合が多い。

(文末*地図注参照)

あらゆるロスをなくそうという「トリコット・タウン」計画

なお生地チョップ関係では蝶理の勢力が強いので、べンベルグ、帝人アセテート、ナイロンが最も多く、今春から夏にかけての不況期には減産はなかった。このほか新日窒アセテート、三菱アセテート、帝人レーヨン、東レレーヨン(イーピー)などの生産も行なわれている。

足利地区の今後の歩みとしては、「本年の生産目標は六十五億円とされているが、これなほぼ達成できそうな形勢にある。

一、生地編立とランジェリー生産に集中してきた産地形態を、再び外衣その他新規商品にも振り向けていく努力が重ねられているので、今年後半あたりからその効果が出てくると予想される。

一、街地における騒音を防止するとともに、整理工場を中心としたトリコット工場街を建設することによって、あらゆるロスをなくそうという「トリコット・タウン」計画が進行中であり、来年には実現の見込みである。などの点が特に注目に価しょう。

〓 横 編 〓

短期間に長足の発展 

栃木県の横編メリヤスは足利地区のセーターと、宇都宮地区の編手袋に大きく分けることができる。このうち歴史的に古いのは宇都宮地区で戦前に五、六軒の作業手袋メーカーがあり、これを中心に戦後、毛編手袋の生産が行なわれるようになった。

現在、栃木県横編手袋工業協同組合(理事長林栄桓氏)の組合員が五十一工場、このほかアウトサイダーが十五工場位あるものとみられている。これらの編手袋メーカーは主として輸出毛手袋の下請を行なっており、高義、小杉産業、網商店、阿久津メリヤスなどの系列工場が多い。

機械はラーベンが中心で鹿の子、一〇本の逆編などはあまり得意ではないようだ。同地区の問題点は求人難にあるもようで生産量の確保に大わらわ。原因は工賃が安いことにあるといわれており、最低日給百八十円の線が必要になっている。足利地区のセーターは、織物業者の転換によって昭和三十年からはじまったものだが、ここ数年の間に長足の発展を遂げ三十四年の販売高は十六万五千ダース、九億五千万円に達している。

織物資本・原糸・太田産地

こうした急速な躍進をみせるにいたった原因は、①織物を出発点としているだけに資本的にも恵まれていたこと、②また原糸メーカー、糸商とのコネクションが強く、独自のナイロン、デビロン物を打出すことができたこと、③近く太田産地があり、そのメーカーを下請に組入れることができたことなどにある。

したがって当初、織物との兼営であったメーカーの中からセーター専業のメーカーも出現し、森島メリヤスのように年商一億五千円の大メーカーも出てきているまた発足当時には買継商を通して織物問屋に納入していたが、最近は買継商を通じるものは一割程度に低下し、メリヤス問屋七、織物問屋二の割合の販売形態に変ってきている。

仕向先は東京七、京阪・名古屋・地方で三というところ。使用原糸は足利地区だけのものに限定すると(太田地区の下請を除く)、次の通りである。

「綿」二一、〇二二キログラム、「硫毛」三一、九二九キログラム、「紡毛」二八、五八二キログラム、「ナイロン」六一、〇二九キログラム、「テビロン」五六、四一八キログラム、「カシミロン」一、九一五キログラム、「その他」四四七キログラム(足利メリヤス協同組合調査・昭和三十四年)

このうちナイロン・テビロン・カシミロンはほぼ実数であるが、杭毛、紡毛は太田地区を含めると二倍以上の数字になるものと思われる。しかしそれにしても、合繊の使用比率が極めて高く、これが足利セーターの一つの特色になっている。

本年は、杭毛の価値が安いので、これにかなりの比重がかかってくるものと思われるが、一方、カシミロン物の生産も大幅に伸びる気配があり、年産約十一億円の線まではね上るものとみられている。

同地区のメーカーは足利メリヤス協同組合(理事長藤沼春次氏)加入の三十一社(三百五十台位)であるが、実際に稼動しているのは十五工場である。

なお、栃木県の横編工業組合は宇都宮地区と足利地区の意見一致をみせないため未だに発足が遅れているが、遠からず陽の目をみることになるだろう。

【Web版再掲】今は懐かしい1950年代の各産地 栃木産地編,ニット・ファイル通信Vol.9, 2013 ,ニット・ファイル社発行より。(初出)「メリヤス業界展望」、メリヤスの手帳1960年版(センイ・ジヤァナル社発行)

【*地図注】1958年センイ・ジヤァナル発行「メリヤスの地図」よりーーーーーー

(注記)見出しは一部Web版再掲にあたり修正、追加しています。