アパレルの若い担当者には日本にはニット産地が無く、中国がニットの産地と思いこんでいることが多い。そこで、日本には古くから産地があることと、どの様に産地が形成されたかを学び再認識できることを願って、センイ・ジヤァナルの多くの先輩たちが歳月を費やし作成した、メリヤス:ニットの1950年代の主産地の実態記事と当時の地図を再掲載する。各産地は大きく変貌したが産地としては今なお健在である。

東京のニット・メリヤス産地 ’50〈中編〉

    ■■□ セーター最大の産地 □■■ 《横 編》  東京の横編業界の占める位置はメーカー数で二割、生産量で三〇~三五%と、全国のトップを切っている。墨田地区はセーター、肌衣ともに内需中心のメーカーが多い。都南地区は輸出製品になじんでいるため、製品の主力も輸出物になっている。  編手袋は都内では殆んど生産されず無地物は千葉、埼玉、茨城に下請に出しメーカーが集積している。ジャカードなどの高級な特・・・

続きを読む

東京のニット・メリヤス産地 ’50〈前編〉

1950年代のメリヤス産地は・・・? メリヤス業界展望(1960年版メリヤスの手帳)をのぞいてみましょう。今回から3回にわけて東京編です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ■ ■□ 大阪と並ぶメリヤスの代表産地 、東京・前編 □■■ 原料、問屋、銀行、業者がそろう  東京都のメリヤス生産業界は、関東大震災、更に戦災など、他地域の業界におい・・・

続きを読む

埼玉県のニット・メリヤス産地 ’50s

1950年代のメリヤス産地は・・・? メリヤス業界展望(1960年版メリヤスの手帳)をのぞいてみましょう。今回は埼玉県です。 ■編手袋最大の産地  県内のメリヤス産業としては靴下、編手袋、経編生地があげられる。このうち、靴下、経編生地の場合は足袋、織物からの転向が旧来の業界分布図を大きく修正し、ここ二、三年間のうちにきわだった変貌を遂げている。すなわち行田地区の靴下転換と秩父地区の経編転換がそれであり規模、内容におい・・・

続きを読む

群馬県のニット、メリヤス産地 ’50s

1950年代のメリヤス産地はどんな状況だったのだろうか?1960年版「メリヤスの手帳」を覗いてみましょう。 ■■□ 繊維は群馬県の主要産業 □■■  県内諸産業のなかでも繊維産業は、関東近県と同じく、主要産業の一つである。その中心は伊勢崎、桐生、館林を主力とした織物産業だが、メリヤス産業もまたかなりの比重を持っている。特に一昨年織物業界を襲った不況の嵐によってメリヤス業へ転換する織物業者の続出をみて以来、一層重要視さ・・・

続きを読む

栃木県のニット、メリヤス産地 ’50s

「メリヤス業界展望」、メリヤスの手帳1960年版(センイ・ジヤァナル社発行)より。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 織物産地からトリコット王国栃木へ 栃木県は古くからの織物産地で、全国屈指の繊維県であるが、メリヤスが県内に大きな勢力を占め、また全国的にもその名を知られるようになったのは戦後のことである。特に足利のトリコットが急速な発展を遂げたことによって、栃木県のメ・・・

続きを読む

福島のニット、メリヤス産地 ’50s

「メリヤス業界展望」、メリヤスの手帳1960年版(センイ・ジヤァナル社発行)より ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ バルキーの福島  福島県横編メリヤス業界は保原町、梁川町を中心に福島市、二本松などの県北部と喜多方市を中心に会津地方で形成されている。業界の組織として、福島県横編メリヤス工業組合が、その翼下に二百三十余社を収めている。  アウトサイダーは、約六十余で、平均二台程度を所・・・

続きを読む

山形のニット、メリヤス産地 :1960年

「メリヤス業界展望」、メリヤスの手帳1960年版(センイ・ジヤァナル社発行)より ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ■■□ 山形は粗ゲージ中心の産地  山形県の企業は九割強が横編メリヤスで、他に作手業者、靴下業者があるが、その規模は極めて小さい。産地の発足は戦後で、現在のメーカーの中心的なメンバーは、ほとんど生糸業者である関係上、繊維については、かなりの知識をもって出発・・・

続きを読む