ニット・ファイル通信

ニットの一歩を学ぶ
「ニット・ファイル通信」の編集の方向性は「なぜ」「現実」「提案・ヒント」「考える」「過去を学ぶ」を軸にし温故知新の知識や新たな「ヒント」を含めて、ニット業界を学ぶことが出来る情報誌です。
日本のニット業界は規模が縮小し続ける中、生産技術や生産品質の高度化を行うことによって、ますます強大化する途上国に対抗していかなければなりません。
逆に、業界が縮小化し、また団塊の世代が去ったために既存の技術や商いが後輩にうまく伝わらないという困った事態が生まれています。
ニットの基礎やノウハウを発信する

2011.10 創刊号表紙

2011.10 創刊号

状況の中で唯一ニットに対する読み物であった「センイ・ジヤァナル」が廃刊し、ニット業界に入ろうとする、あるいは入ったばかりの、デザイナー、パタンナーなどの企画担当者、さらにはMDの方や営業担当者の人達から、ニットの基礎となる知識や技術を学ぶことの出来る読み物を要望する声が高まっていました。
要望に応えて、小社がセンイ・ジヤァナル時代に、これまで蓄積したニットの基礎やニットに関するノウハウや身近な話題を取り入れるとともに、新たな話題や情報を盛んだ情報誌「ニット・ファイル通信」を2011年に発刊しました。
ニットメーカーはもちろん、アパレル、卸商、商社、さらにはニットコースを専攻する学生の皆様方にとっても「ニット・ファイル通信」は新たな情報源となると確信しています。

 

ニットをとりまく情報誌「ニット・ファイル通信」の一覧、バック・ナンバーのページは下のバナーからどうぞ。 ⇓⇓⇓
bn7-kfbn