あゝシンドかった

最近は関西の言葉が東京でも使われるようですが、「シンドイ」という表現もその一つです。普通には「疲れる」との意味ですが、「シンドイ仕事だ」などの場合には、「面倒な」「苦労する」という意味になります。 本来「辛い苦労をする」ことや「大変な骨折りをする」ことは「辛労辛苦」といいます、しかし、そこまでは辛くはない場合に「シンドイ」と使い「くたびれた」の意味に使われるようです。 「シンドイ仕事だ」などの場合には、「面倒やな~」・・・

続きを読む

クリスマス

一年が早いと思うのはkazeだけでしょうか。 年令を重ねるにしたがい早く時間がたつようです。 ニットファイル社は社主はコツコツとニットファイル通信を編集しています。 web担当はどうもHP充実を怠ったような一年です。 訪問いただいた皆さまには「変わらんなあ。」と思われたことでしょうね。反省。 さて、もうクリスマス。 わが町大阪は「大阪・光の饗宴2017」としてあちこちで光の演出。 わたしもブラリと中之島の「OSAKA・・・

続きを読む

ようやく秋らしい秋ですね。

11月になりました。あっというまに季節が過ぎていきます。8月にセミの写真をアップしたと思ったらもうドングリの季節です。 今夏から天候不順とも言える気候が続きましたが、ようやく秋ですね。 昨日はちょっと生駒山まで行ってきました。まだまだ紅葉には早いのですが、山道にはドングリがいっぱい落ちていました。 団栗(ドングリ)の音もカワイイし形もいいしこれを見つけると「小さな秋」を感じますね。 ニット・ファイル社では file ・・・

続きを読む

虫の好かない・・・

子供の病気の原因のはっきりわからないもの、とくに「ひきつけ」などを称して、癇(かん)の虫といったりする。これが語源となったかどうかどうかは良くわからないが、体や感情など、原因はよくわからず影響を与えるものを”虫”といい、昔から人の体内にいるものとされていた。 「虫が好かない」とは本人の意思とは別に、体内の虫が嫌っているということであって、虫にも好かれないという意味ではない。同様の理由で「虫が知らせる」や「腹の虫が治ま・・・

続きを読む

家の「たたき」

最近自宅の周りにマンションが建ち始めている。マンションには「たたき」と称する物は有るのだろうか? 家の「たたき」という言葉を耳にして、そのんなものは、どうやって食べるのですか?と聞き返された。 「たたき」の美味しい季節なのでどうやら「鯵たたき」や「鰹たたき」の料理と勘違いしたらしい。 「たたき」は”三和土”と書き、土などで固めた土間のことで、私にとっては、「たたき」は襖や障子や畳のごとく日常的な言葉だったが、大阪では・・・

続きを読む

蝉はなんで虫に単?暑い!

8月に入りました。 迷走台風がくるとのことですが暑さは? 先日ニャンが落ち着かない様子だなと思ったらクマゼミが飛んできてました。わが家のニャンコは野生が減退しておりガブッと噛みには行きません。ジーっと見ているだけ。 暑い夏に追い打ちをかける「うるさい!」蝉ですが、ちょっと弱ってるようなので植木に止まれせたたら、二泊三日のご滞在。メスだったのか力が残ってなかったのかジャンジャンじゃんじゃんは無し。 ハイ。今日はこれだけ・・・

続きを読む

暑い暑い暑いので涼やかな写真を一枚

こんにちはWeb担当のkazeです。 あっというまに7月もおしまい、今年は変な天候やなあと言っていたら猛暑! 社主fileも私も暑い暑いと悲鳴を上げています。 こんなときはリゾートの湖なんかでお舟に乗ってゆ~らゆらといきたいものですが、なかなか。 先日生駒山の麓をブラブラしていたら黄色い釣舟草が咲いていました。キツリフネです。昔の人はなかなか優雅な名前をつけたものですね。 ニット・ファイル通信の読者の皆様、当ウエブサ・・・

続きを読む

ちょびっと忘れていた言葉

子供のころに使っていた言葉がひょいと口からでることがある。え?「なんで~」と、まことに言葉っていうものは不思議なものだと思わないではいられない。ふだんは全く忘れ果いるのか、ただ使っていないのか判らないが、どうかした拍子に忘却の彼方からポカッと浮かび上ってくる。2歳になる孫がお菓子を食べていた時に「ちょびっと・・・ちょうだい」といってしまったとこだ。もう何十年も使っていないことばなのに不思議だ。 「ちょぴり」の言葉とし・・・

続きを読む