ご注文、お問合せは、【連絡先】からお願いします。
年間購読・単冊種別、部数等をお知らせ下さい。内容確認後、金額、送金方法等を返信(連絡)いたします。
年間購読料 5,400円(年4回発行、税・送料込)
単品購入については発行月、冊数等をお知らせください。
各号定価 1,000円(税込・送料別) 発送方法は郵便局レターパックです。

2016年 4月号/Vol19

【主な目次】 ■「JBKS 2015」精鋭29社が日本の良さを発信 ■全国に先駆けた“地方再生”策か 地域ブランド「さくらコットン」で町おこし ■あざみ起毛とは、本当は間違いだった あまり知られていなかった「起毛」に関するお話 ■衣服とは、オシャレによる個性の演出の小道具 ■ボンジュール「国際ランジェリー展」 ■第10回交差点 「昭和35年のメリヤス関連業界の動向」 ■今は懐かしい1950年代の各産地 第13回 富山・・・

続きを読む

2016年1月/Vol.18

【主な目次】 ■コラボレーションの見直しで新たな可能性を見つけよう ■新たな販路の開拓で道は開ける ■「メイド・イン・ジャパンは良い」とされているが ■会社訪問 ユニオン工業株式会社 ■ニット業界で社会貢献を ■ニットってええんちゃうのん ■今は懐かしい1950年代の各産地 第12回 長野編  ご注文、問合せ先⇒

続きを読む

2015年10月/Vol.17

【主な目次】 ■売れる商品を「ブランド」と云う視点から考える ■ニットは魔法の着衣か「きれいな後ろ姿」 ■「ジェネリック」これをヒントに「ニット」を考えてみよう ■「奈良県靴下工業協同組合 新理事長に聞く」 ■会社訪問 髙井ニット ■国際ランジェリー展 ■2015年のニット業界の悩める現状を ■愛知文化服装専門学校 ■「製造メーカー」と言うダブった単語を ■今は懐かしい1950年代の各産地 第11回 山梨編 ご注文、・・・

続きを読む

2015年7月号/Vol.16

【主な目次】 ■「ジャパン・ベストニット・セレクション」誕生のお話 ■刺繍で救う明るい未来 ■変化の時を迎えたオケージョンで「ニット」を考える ■ニッティド㈱会社訪問 ■トレンドの捉え方に新しい視点をヒントは「飾り」で・・・襟 ■OKF「ニット講座」 受講生は業界の期待を一身に集め近く巣立ちへ ■アパレル縫製業界の活路求めて注目度さらに高まる 2016 OSAKA JIAM ■交差点  占領下初期のメリヤス産業 ■今・・・

続きを読む

2015年4月号/Vol.15

【主な目次】 ■ジャパン・ベスト・ニット・セレクション ■「伊達の薄着」をヒントに ■究極のニットウエア製造へ 超新型ホールガーメント横編機の出荷式 ■パリ・ランジェリー展視察 ■ファッションの買い物難民 ■大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル2015に学ぶもの 高性能ミシンと関連機器の提案でマシンメーカーは ■[交差点] 第6回わが国のニット組合の歴史 ■今は懐かしい1950年代の産地 第9回 新潟編  ご注文、・・・

続きを読む

2015年1月号/Vol.14

【主な目次】 ■ハイブリッド・ニットの創出を考えてみよう 仲間とヒット商品を考える年2015 ■三方よしの精神は企業経営の要 ー 近江商人に学ぶ ■もし仮にニットがなくなったらどうなる.困るぞ~。 ■大阪スタイリングエキスポ2014  発信力強まる ■業界トピックス    11月17日が日本製インナーの日に ■借りるな、逃げるな、頼るな、迷うな 世界と、否、中国とどのようにつきあう日本 ■今は懐かしい1950年代の産・・・

続きを読む

2014年10月号/Vol.13

【主な目次】 ■現れよ、求めよ、 世代別専門デザイナーやMD ■本当は工業の方が商業より上なんだぞ ■産地レポート 「てぶくろ産地・香川」の今 ■パリ・ランジェリー展 視察で見てきたもの、聞いてきたもの、伝えたいもの ■今年も各コンテストで上位入賞を目指す 愛知文化服装専門学校 ■今は懐かしい1950年代の各産地 第7回 東京産地 中編 ご注文、問合せ先⇒

続きを読む

2014年7月号/Vol.12

【主な目次】 ■華麗なるギャッツビーの時代 1920年代のファッションは「ルーズフィット」 ■ポーランド これからの進出はアジア大国や周辺国ではない・・・ ■お客様の「不」を考えれば商品開発のアイデアは生まれる. 違った目線でモノを見ることの重要性. ■[対談] 船場を語る 加藤隆正(三和・会長)vs外海達(丸松・会長) ■いまは懐かしい1950年代の産地 第6回・東京前編 ご注文、問合せ先⇒  

続きを読む