聞かなくなった言葉「風が悪い」

梅の季節もおしまいですね。

「きまりが悪い」という言葉をご存知ですか。例えば仕事の見通しに確信が持てたときなど、「これできまり」やと言ったりする。スケートにしても体操にしても「技」がきまったときは「きまりました」を連呼する。いずれの場合も、しめくくりがうまくいったことを、定まることを表している。

「きまりが悪い」の「きまり」も締めくくりのことだが、ここでは気持ちの「きまりが悪い」ことを表す。

奇抜な服など着たとき「きまりが悪いな~」や「かっこ悪いな~」と言われる時代もあったが、世間を気にする

親からは「風が悪いからやめて」(世間体が悪い)と叱られたものです。しかし、この言葉は現在は使われているかどうか知りませんが、広島県で使われていたようです。親が広島県の出身だから自然と耳に入り残っていたのでしょう。

 

 

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*