初仕事はことば調べ。

代表のfileです。

えべっさん、鏡開きもすんでお正月気分も抜け今日は12日。
ニットファイル社も本格的に仕事だ~、と思って机に向かうと休みすぎたせいか「怠け者のセック働き」という言葉を思い出した。働くのだから怠けていないのにな~、と思いながら少し調べることが今年最初の仕事になった?!
面白いのは「セック」ではなく「セッキ」ではないかという人もいるということだった。文字でも「節句」と「節季」で発音も似ているから間違う可能性は十分にありそうだ。
いまは季節感が少し異なるが、節句には普通には仕事を休む。平素怠けている者は、皆が仕事を休む節句に、かえって忙しく働くことになってしまう。そこで「なまけ者の節句ばたらき」という諺が生まれたのだという。
1月7日(人日の節句)の七草がゆのように伝統的な行事を行う季節の節目となる日が「節句」だが、「節季」の方は元来、時節の終わりのことであるが、年の暮れと、お盆を指すことが多い。
この「節季」は小学生のころに聞いたことがあります。盆、暮れに勘定(精算)をする節季払いの慣習がまだ残っていたからでしょうが、今は聞かなくなりましたね。
働いて、休んで、勘定して・・・さあ、次の桃の節句まで仕事だ!

ソシンロウバイ

早春の花ソシンロウバイ(大阪城公園)

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*