明けましてよい春はきたにけり。

竹。パンダ。

竹。パンダ。

明けましてよい春はきたにけり。
門松立てて迎えた元旦の朝はすがすがしく、めでたく感じられるのは私だけでしょうか。
「行く年来る年」の除夜の鐘までのせわしさに「師走と元旦が来なければいいのに」家内がぐちったのは昨日までで一夜明けるともうすっかり忘れている。
正月に松竹梅を飾る。松は常に緑、竹は素直、梅は百花に先がけて咲き、清楚な香気を放つ。いずれも、雪の中に凛として様になるが、地球温暖化のためか雪も降らないし・・・羽子板、凧揚げ風景なども見かけなくなった。
お正月を着る、となれば竹の繊維で作った服でオシャレする?パンダに追いかけられるかもね・・・。
2017年、ニット・ファイル社は新しい切り口で「ニット・ファイル通信」を編集しニット情報を発信していきます。
「頑張ります。」と新年最初のブログで書いておきます・・・、さて、さて、どうなることやら。
今年も宜しくお願いいたします。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*