「手を焼く」事は火傷する?

世話を焼いたり手を焼いたり
最近、友達にホームページを作成してもらい、今度は仕事用のPCの調子が悪くまた彼の手を借りてPCを直してもらっている。「お父さんは手の焼ける人だね~」妻の一言に、傍にいた孫が「爺の手がヤケドするの・・・」と心配してくれた笑い話がある。世話をするには「手」をあれこれ使うところから「手」には「世話」の意味がある。また「焼く」のは、物だけではなく、心を焼くことがある。「焼く」には「心を悩ます」「気を配る」の意味があるようだ。つまり「手を焼く」のだ、「あれこれと世話をさせられる」ことだ。子供のうちはともかくも、
大人になっても変わらない事は、本人が火傷することになるのでは・・・・。

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*